テニスイベント 試合 大会」カテゴリーアーカイブ

何気なく張り替えに出しているラケットも。

今日は有明へ

東レパンパシフィックオープンテニスの会場で行われた。ヨネックスストリンギングチームのセミナーに参加。

沢山学び進化しました。ありがとうございます❗️

仕事としてストリングを張る人々をストリンガーと呼びます。

専門店、量販店、コーチ、立場は違えど日本全国に多くのストリンガーが日々張っています。

皆さん1本1本に真摯に向き合い、改善し技術を磨き、学びあっています。

何気なく張り替えに出しているラケット。
皆さんの想像以上にストリンガーは人生詰め込んで張っています。

是非地元で良いストリンガーを見つけてクオリティーの高いテニスを堪能してください。

東レパンパシフィックオープンテニスのイベント広場ヨネックスブースでは、一般プレーヤー様の張り替えサービス(有料)も受け付けています。

毎年必ずお張り替えになるリピーター様もいらっしゃるそうですよ。

会場へは是非ラケットを持参してください。試合を観戦している間にストリンガーが張り上げます。

料金など詳しくはイベント広場のヨネックス物販のブースでご確認ください。

イベント広場にはチケットが無くても入れます。
http://www.toray-ppo.com/access/#event-map

西山克久。

全国対応
ラフィノ通販張り替えサービス
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/haridai


全米オープン優勝者あてクイズ。王道か?裏か?

ラフィノ恒例の行事

グランドスラム優勝者予想クイズ全米オープン2018バージョン
6日(水)午前1時が投票締切となります。

今回の予想は簡単!?
それだけに裏をかくか?

現在の勝ち上がり情報
◆USオープン勝ち上がり情報(大会7日目終了時点)
◆男子シングルス4回戦
R・ナダル[1] vs A・ドルゴポロフ
D・ゴファン[9] vs A・ルブレフ
R・フェデラー[3] vs P・コールシュライバー[33]
J・デルポトロ[24] vs D・ティーム[6]
—–
〇S・クエリー[17] 6-2 6-2 6-1 ●M・ズベレフ[23]
〇K・アンダーソン[28] 6-4 6-3 6-7(4) 6-4 ●P・ロレンツィ
〇P・カレーニョブスタ[12] 7-6(2) 7-6(4) 7-6(3) ●D・シャポバロフ
〇D・シュワルツマン[29] 7-6(3) 7-5 2-6 6-2 ●L・プイユ[16]
◆女子シングルス4回戦
P・プリスコバ[1] vs J・ブレイディ
C・バンダウェイ[20] vs L・サファロバ
E・スビトリーナ[4] vs M・キーズ[15]
D・カサキナ vs K・カネピ
—–
〇V・ウィリアムズ[9] 6-3 3-6 6-1 ●C・スアレスナバロ
〇P・クビトバ[13] 7-6(3) 6-3 ●G・ムグルッサ[3]
〇S・スティーブンス 6-3 3-6 6-1 ●J・ゲルゲス[30]
〇A・セバストワ[16] 5-7 6-4 6-2 ●M・シャラポワ

優勝者を的中させた方から抽選で1名さまに、
お好きな《ラケット》と《Sonyスマートテニスセンサー》がセットで当たります!!

▼忘れずに投票してくださいね!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/usopen

西山克久


これくらいホイホイラケットも売れると良いのに

船橋市民テニス大会の秋季の申し込み受付中です。

毎度、うっかり忘れでエントリー出来ず落胆される人がいらっしゃいますので、お忘れなきよう。

今日と明日は申し込みが集中するのでてんやわんやなのですが、そんな状況をお察しのお客様から差し入れ頂きました。

採れたて夏野菜^ ^

お客様にもお分けしましたら

あっと言う間に!

これくらいホイホイラケットも売れると良いのに(๑˃̵ᴗ˂̵)

船橋市民テニス大会〆切は8月1日19時 時間厳守です。

エントリー用紙をダウンロードし必要事項を書いてエントリー代と共にご持参ください。
参加資格や詳細はこちら

http://tennis-fta.sakura.ne.jp/taikai/17b/17b-shiryo/17b-yokou.pdf

久しぶりに試合出てみませんか?

我々が応援します。

西山克久


船橋市民テニス大会秋季申し込み開始8月1日〆切

7月20日から船橋市民テニス大会のエントリーを開始します。

申し込み場所はラフィノ船橋店とGODAIテニスカレッジ船橋校。

〆切は8月1日19時 時間厳守です。

エントリー用紙をダウンロードし必要事項を書いてエントリー代と共にご持参ください。

参加資格や詳細はこちら
http://tennis-fta.sakura.ne.jp/taikai/17b/17b-shiryo/17b-yokou.pdf

試合は日頃の練習の腕試しです。
勝ち負けなんて気にしないで挑戦しましょう。

特に市民テニス大会はエントリー代もリーズナブル!!馴染みの土地でリラックスしてチャレンジできますし地元で新しいテニス仲間を出会うキッカケにもなりますよ。

西山克久


最もウィンブルドンが似合うラケット。

来週の今頃はウィンブルドンで頭が満席でしょう。

何と言ってもロジャー フェデラーの神テニスが拝めます。

全仏をあえて休み
体調を整え
髪を短く整え
前哨戦も完璧優勝。

楽しみでなりません。

そしてフェデラーがグランドスラムに現れるたびにPro Staffの大波がやって来ます。

今年のウィンブルドンは特別です。

聖地にあの漆黒のラケットが降臨するのですから。

史上最もウィンブルドンが似合うPro Staff。

あなたが、ちょっぴり無理をしていても「RFが欲しい」

その情熱を私は止めません。

Wilson PRO STAFF RF97 Autograph (プロスタッフ RF97 オートグラフ)WRT731410 ※フェデラー使用モデル
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/prostaff2017/gd9174
西山克久


ナダル全仏制覇、ワウリンカの視点から想う。

すでに散々ナダルの偉業は讃えられているでしょうから、すこしワウリンカの視点で話します。

ワウリンカにとって昨日の試合は、まさに彼の左腕に刻まれた言葉通りとなってしまいました。

Ever tried. Ever failed. No matter. Try Again. Fail again. Fail better.

『やることなすこと、何もかもうまく行かなかったとしても、気にすることはない。 またやって、また失敗すればいい。前より上手に失敗すればいい。』 ― 劇作家サミュエル・ベケットの言葉(1906-1989)

準決勝でマレーの鉄壁な守りを爆裂に撃ち砕いていたバックハンドは、えぐる様に深く猛烈に跳ねるナダルのスピンボールに翼を折られ飛ぶことを忘れた鳥の様になってしまった。

試合後はさぞ複雑なメンタルだっただろう、巨大な横断幕、過去の優勝を振り返るスペシャル映像、10回の優勝を讃えるレプリカのカップなど、ナダル10回目の優勝をすでに前提として準備されていた特別な優勝セレモニーの数々。。。

テレビでは伝わってこなかったが、試合前のローランギャロスの雰囲気はナダル優勝を望む空気感が漂いそれを強烈に感じていただろうと思う。

立ちすくむワウリンカの姿にちょっと胸が痛くなった。

ラファおめでとう!やっぱりピュアエロを使うあなたは魔法使いだ。
バボラ (babolat)ピュアアエロ(Pure Aero) BF101253 ※ナダル使用モデル

スタン絶対的ツアーGでウィンブルドンとって生涯グランドスラム達成してくれ!
ヨネックス(YONEX)Vコア デュエル G 97(VCORE Duel G 97)VCDG97 ※ワウリンカ使用モデル ※

西山克久


彼女には失敗という概念が無い。


Ai(人工知能)は失敗を恐れないって話をPodcastで聞いて「うわっ!」て私の天然知能は愕然としました。

当たり前だけど、Aiには失敗が怖いという概念が無い。

ディープラーニング
Ai の強さが囲碁や将棋で旋風を巻き起こしているが、強くなる過程で膨大な失敗をほぼ無制限に繰り返して正解を導き出し蓄積していく。実際の人間との対局では緊張もしないし、相手からの心理的プレッシャーも受けない。勝つために失敗を恐れずチャレンジを続けるだけだ。

新しいモノやサービス、価値観、勝利さえ失敗と言う経験が必ず必要なのだ。

私なんか毎日失敗やミスを恐れて無難に生きている。

ダメダメです。

なーんて落ち込むことが無駄。

全仏女子シングルを制したJ・オスタペンコ(ラトビア、20歳、47位)の全て打ちまくるストロークには驚いた。

そのSTATS
WINNERS 54
UNFORCED ERRORS 54
この数字凄いな。

きっと彼女には失敗という概念が無い。

西山克久


トラウマを乗り越えて!非日常体験

昨日からの続き。

案の定、「ハーフなんて無理ー」って声が聞こえます((笑)

苦しみに耐えて最後まで走らなきゃいけないって思っているでしょ?

それは中高生の時の学校に強制されて走ってたマラソン大会のトラウマです。僕も嫌々でマラソン大会前日は「熱でろー」って水風呂に入ってた記憶があります。

大切なことを付け加えておくのを忘れました。

苦しくなったら歩くのもOK! リタイヤもOK!

完走も歩くのもリタイヤも同価値です。

先ずは申し込んで それなりに練習して、もしくは全然練習しないで。

色々なことを抱えながら生きている大量な人間が一緒にスタートラインに立つ!その時点で勝者です!

その勇気を称える(自分を)(周りの人を)非日常体験そのシンプルさがランニングの魅力で全てのスポーツの原点。

「ちょっとその気になりました?」

一緒に走ろう!(初めてのマラソン大会の人推奨)
第23回手賀沼エコマラソン 6月1日20時エントリー開始。
https://teganuma-eco.jp/

大丈夫、我々にはSUPERfeetドロンがあります。

http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/gr2081

西山克久


卓球界に学ぶテニス人口を増やすには。

NHKのニュース記事に目が釘つけ!

「やっぱりなぁ〜っ」てつぶやく

表題「卓球部が超人気って本当?」
https://mail.google.com/mail/u/0/?hl=ja&shva=1#inbox

国のスポーツ別の競技人口調査でも、(1年間にそのスポーツを行った10歳以上の人数)卓球は実はテニスやバレーボール、バスケットボールを上回っていて親しみやすさで幅広く浸透している傾向がうかがえます。※記事より引用

テニスのほうがぜったい人気だと思っていたでしょう?

『井の中の蛙』&『お山の大将』だったかも。

事実、お店でも高校や中学からテニスをやめて卓球部デビューする子供は多いです。

「あんなにお金をかけてテニススクールに通わせていたのにぃ〜」
親御さん(泣)

毎年見かける風物詩です。

卓球はルールも簡単で誰でも直ぐに楽しめる。昔はネクライメージもありましたが、ボールをカラーにしたり大会演出も華やかに工夫したり、なんといっても福原愛さんや石川佳純さんの活躍とメディアへの露出戦略が効いています。
image

卓球やランニングなど誰でも気軽に参加できて、レベルに関係なく本気になれるスポーツがこれからの日本ではシェアを獲得していくでしょう。

エリート育成や選手優遇的なマーケティングに注力しすぎると、レベル格差が広がりジワジワ参加人口が減少し、それこそお金を使わない上級者だけが楽しむマイナースポーツへ一直線です。

錦織圭選手やプロ選手が活躍=テニスが普及するほど単純ではありません、これからテニス人口を増やすには別の仕組みでデザインする必要があると思います。

首都圏の公営テニスコートがいつも上級者の専有率が高かったり、高校からテニスを始めてもジュニア上がりの部員の独壇場で、本気でテニスに打ち込める情熱を持ち難い環境だったりする現実を踏まえた対策など。

人口は力なり。

どの世代でも初心者を最も優遇する意識改革と環境作りとルール改革に本気にならなければなりません。

ラフィノとしては気軽に一人で参加できるシングスの体験大会の普及活動をしていますので、応援よろしくお願いします。
テニスシングルス普及委員会
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/joy

西山克久


錦織圭が必ず口にする言葉。

怒涛のガットお張り替えラッシュが続いていますけど、今日1日だけフッキーにお願いして休日。


近所を散歩したり。


大好物ばっkりを緑の木々に囲まれて食べたり。

日頃の自覚なく溜まっている疲れや気持ちの重みをリカバリーできました。

そう言えば錦織君が勝利後のインタビューで必ず口にする言葉があります。

「リカバリーして次に備えます」

リカバリー

スポーツ選手にとって疲れを素早く回復させることは、いいコーチについたり、質の良い練習することと同じレベルで大切。

素質があっても一流選手として活躍できなかったひとはの多くは怪我、一度きりの人生で成功する為にはリカバリーを習慣化しなければなりません。

激しい練習は体や心を壊す側面もありますから、ほっておいたら大変なことになります。

小学生〜高校生にみられる燃え尽き症候群も日々のリカバリーが上手く出来ていないのが一つの要因だと思う。

錦織ブームの影響でジュニアテニスは活況をていしているし、練習のレベルやコーチングの質も格段にアップしている。

ただ子供の心を体への負担も増大はしていないか?

どんなにテニスが上手くても強くても発する言葉使いが丁寧で大人っぽくても、「テニス楽しい?」って聞けばいつでも「楽しい」って言ってくれるけど….

まだ自分の状態を客観的に捉えることが出来ないだろう年齢でしょうから、代わりに親がリカバーしてあげないと、突然折れてしまうこともある。

先日、小学生のころ毎週の様に親子でご来店くださったお客様が数年ぶりに来てくれた。

「いやーお久しぶりですですね!」

「実は子供はテニスやめちゃったんです。」当時小学生だった。

「試合に出る様になってから、肘やら肩やら体がボロボロで、それでも前向きにはやっていたんだけど、中学に入って突然テニス辞めたいと言い出して、いまはソフトテニス部に入りました。そうしたらあっという間に元気になって本当に楽しいそうにやってます。」

本人でも自覚出来ない様なプレッシャーがあったのかもしれない、心と身体は繋がっているし。

小学生〜中学生だからこそ毎日のリカバリーは必須、親の愛情を注ぎ込む時間であります。

本人にまかせるのはもうちょっと先で良い。

マッサージやストレッチはやり方が難しい。

お母さんが短時間簡単楽々でお子さんに施すことができる方法がございます。
BiNI Approach (Biomechanics and Neuroscience Integrative Approach)

もともとスーパーフィートの保坂さんが紹介してくださった理論です。

息子が大学受験期、予備校から夜遅く帰宅する息子に毎晩このエクササイズやっていましたが、おかげさまで第一志望に合格。

彼は今入学した大学が楽しすぎて毎日の様に帰宅が午前様(笑)

詳しくはまたブログに書きますけど、やって見るのが一番です。

お子さんの体ケアに悩んでおられるお母さん(お父さん)、ラフィノ船橋店西山にお尋ね下さい。お伝えするためにヨガマット買っちゃいました。

西山克久