錦織圭くんのローテンション。

相変わらず超ローテンションと思われる錦織圭くん


ルキシロン社のTwitterより。

縦糸がナチュラル39p
横糸がエレメント125で37p

ひゃーいったいどんなフィーリングって思いますよね。

野球では、球速は遅いけどバッターの手元でグーンと伸びて三振を取りまくるピッチャーが居ますよね。ここまでローテンション、しかも縦がナチュラルだとテニスでもそんなボールになっている可能性があります。

「ぶっ飛ぶでしょっ!」

たしかにそうなんですが、ここまでローテンションだと人は相当意識しますから、打ち方が自然と変わり結構早く慣れるもんです。

これからのテニスは、道具を自分に合わせるのではなくて、道具に合わせる能力が高い人間が勝つ。

ローテンションやナチュラル使いは、皆様にも真似推奨です。

錦織圭選手が新たに取り入れたハイブリッドセッティング!【張り上げ限定商品】ハイブリッドストリング《ウイルソンナチュラル16×エレメント125》

http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/gut/gd10929

ご存知の通り、横糸をエレメントに変えた錦織くん、初めて使った時に「早く教えてくださいよ!」と担当者に嬉しそうに言ったそうです。

ローランギャロス2018での錦織くんは通常より大量のラケットを持ち込み、オンコートでの張り替えも多いそうです、なかなかしっくりきていないのでしょうか?天才は感覚が鋭すぎて大変です。

西山克久


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です