エリート選手育成でのトップダウン戦略ではない、新しいベクトルでの裾野の広げ方が必要。

こんにちはラフィノ西山です。

全米オープンテニス男子決勝!
セカンドセット、フェデラーが執念で奪取!

あまりに凄い
これがテニスの真髄

対照的二人の心と心のぶつかり合い。

とかくエリートスポーツ選手の身体的能力に目がいきがちですが、こういう異次元のテニスをみているとやっぱり人は心で生きているっ!って思いますね。

一対一の戦いだからこそ、観る私たちをエキサイトさせ身震いさせるのでしょう。テニスの本質はシングルスにありますね!

日本はちょっとダブルスに偏りすぎかなぁ〜って思います。

ダブルスと同じくらいシングルスをする人が増えれば今日の試合は10倍は感動できるでしょうし、国内の小さな大会にも足を運ぶ人が増えるでしょう。

錦織ブームはテニスブームとはリンクしません。
そろそろ皆が気がつき初めていると思います。

日本のテニスを根本的に元気にしていくには、大人たちへのシングルスの普及、僕はそれが一番の近道だと確信しています。

昔ながらのエリート選手育成でのトップダウン戦略ではない、新ベクトルでの裾野の広げ方が必要な時代に変わってきている。

山と一緒、裾野が広くないと頂は高くならないのです。

ジョコビッチ VS フェデラー
どちらが勝つのか?
勝負が決まってからは書きたくない気分。。。

それにしても今日の試合、主審の心も強い!

と言うことで、テニスシングルス普及委員会
なんとあの企業が賛同!
一緒に動き始めたい方々募集中です。
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/joy/joy-singles201510
シングルス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です