大切な仕事」カテゴリーアーカイブ

駅に捨てられたトロフィー

朝から驚きのお問い合わせを頂戴しました。

「テニス大会の賞品で貰ったラケットバッグを言い値で買い取ってもらえないか?」

え⁉︎

最初は驚きましたが、同じ様な事を考えた事のある上級者は多いのでは?

お気持ちはわからないでも無い。

でもこっちは余りに悲しい話し。

「某大会で、最寄りの駅に準優勝トロフィーが捨ててあった…」

もう背筋が凍りましたけど、わからないでも無い。

二つのお話しには、日本のテニスの成長を妨げるであろう大問題が暗い雲の向こうに隠れている。そう思える人が我々の業界にどれだけいるだろうか?

突破すべき課題は
・対戦スポーツのジレンマ
・格差が生む深い谷
・競技者指向すぎるマーケティング

こんなとこかな?

まぁ全部逆さまにすれば結構うまくいくのですが、A型の人にB型を輸血する様なもんだから拒絶反応は強烈だろうけど。

がんばろーっと

西山克久


常に自分次第。

今日は朝から晩までいろいろあった。

東京オリンピックを控え、テニスは錦織圭という奇跡的な選手の出現。

業界は右肩上がりで業績好調だと思われているが、実は消費に直結はしていない。

最大限の創意工夫で凌いでいるというのが本音だ。

弱音を履いているわけじゃない。

道は必ずある。

目の前の道が突然閉ざされたら、別の道を探せば良い、探してもなければ作れば良い。

目の前に起きていることをどう捉え、思考を入れ替えるかが大事だ。

常に自分次第。

新しいことを始められると思えたら最高!

オーストラリアに生息するエミューは、前にしか進むことができず、そもそも後ろに進む概念がないのだそうだ。

なんて前向きな動物、憧れる〜

西山克久


切った張った!記録的な黄金週間営業2017でしたよ。

ラフィノ黄金週間営業が終わりました。

1、スーパーフィートのカッティング。
2、ガット張り。

切った張った!
そんな記録的な黄金週間でございました。

遠方からのお客様も多く、特に風光明媚でもない千葉は船橋市の片隅にある小さなテニスショップに「はるばる来てよかった!」と思っていただけだろうか?


しばらく張り替えのご依頼が多そうなので、連休営業の振替休日の予定はございません。

明日よりまた通常通り営業しますのでご安心下さい。

お仕事や学校が始まる皆さま、ラフィノの動画で徹夜して嫌な気分を麻痺させてお気楽気分でいきましょう。

ラフィノYouTubeチャンネル登録8500達成! 引き続き登録受付中
https://www.youtube.com/channel/UCE_Ra3uF-1nKxpkyJZbOT4g

西山克久

いつも通販張り替えにて西山をご指名してくださる皆さまありがとうございます。最近店頭の張り替えが多くすぐにお手元にお届けが出来ないにも関わらずお待ちくださり心より感謝申し上げます。その分1本1本より気持ちを込めてお張りさせていただきますのでご期待下さい。


3月11日の2日後「ストックディールの逆説」について書いていた自分。

3月11日。

あの震災から6年目

毎年この日になると「ブログどうしようか」と悩みますが、おもい”を形に残して置くことが大切だと思ったので今日1日素直に感じたことを。。。。

6年前 震災当時のブログを見返してみた。

地震から2日後、3月13日のブログには、「ストックディールの逆説」について書いていた。

「当時の自分はこんなこと感じていたのか…」いま読むと他人の様だ。
http://www.lafino.co.jp/blog/2011/03/13

「ストックディールの逆説」
どれほど困難にぶつかっても、
最後には必ず勝つという確信を失ってはならない。
そして同時に
それがどんなものであれ、自分がおかれている現実の中で
最も厳しい事実を直視しなければならない。

言葉を自分に落としてみる。
グサリと言葉が刺さった。

楽観的に希望だけを持ち続けても現実は変わらない、希望を決意に変え現実を乗り越る勇気と行動が自分を幸せにしてくれる。私がそんな風に解釈をしている言葉だ。

今日お店に「扁平足が心配だ」と母親に連れられて男子高校生が来てくれた。

華奢で寡黙な印象の彼は中学から柔道部なのだという、申し訳ないがとても柔道部には見えない文科系の風貌。

扁平足であることの問題を理解していただき、スーパーフィートでそれを改善することで体に起こる大きな変化を体験してもらった。

「背が高くなった!」「力が入る!」とそれまで硬かった表情が一気に緩み笑ってくれた。

柔道部らしくない彼に、「なぜ柔道を選んだのか?」質問をしました、私には縁のないスポーツなので柔道の何処に興味を持ったのかをどうしても聞いてみたくなったからだ。

しかし予想もしていなかった彼の答えに「ハッ」とさせられた。

「イジメられない様になりたくて」

彼なりに厳しい現実を直視し、決意をした行動が柔道への道だったのかもしれない。


「ただのテニスショップがここまでやるか!?」ってことを沢山やってきましたけど、まだヤリマス。

今日は、某大手メーカーさんとミーティング。

長年、考え構想してきたことが具体的に動きだしそうだ。
(まだ言えないけど)

最初の一歩だけど、この一歩を踏み出すには勇気が必要だった。

まぁあとはコロコロと転がる様に前に動いていく気がする。

足の骨模型を凝視していると「人は前に進む様にできてるんだよ。」骨の形が語りかけてくる。

つくづく人間の体に学ぶことは多い。人生もそうだ。

「ただのテニスショップがここまでやるか!?」ってことを沢山やってきましたけど、まだヤリマス。

みなさま期待してくださいね。

帰り道で目の前に広がっていた風景です。

今夜は気分がいいや〜蕎麦をたらふく食べたい。

ラフィノ西山克久。


しぇあわせx無限ボール

嬉しい出来事がありましたので、皆さんと共有させていただきます‼️

しぇあわせと言うウェブメディアさんが、ラフィノの無限テニスボールのプロジェクトに反応してくださいました。

「しぇあわせ」とは
「SHARE(シェア)+(する)SHIAWASE(しあわせ)=(で)SHAREWASE(しぇあわせ)」をコンセプトに、“しあわせ”について興味・関心のあるユーザーが集まるプラットフォームを提供。自分の幸せや社会の幸せについての情報や意見をシェアlすると、任意の活動団体に無料で寄付ができる仕組みを導入し、“だれかの幸せがだれかの幸せにつながる”体験を通じてハッピーなアクションが広がるようにと願いを込めて運営をしている。

若い人がこうして少しずつ、新しい社会の仕組みや価値観を創造していくのだろうと感じました。

未来は結構明るいかもっ!

気持ちがホッコリしますよ、サイトを覗いてみてくださいね^_^
しあわせhttp://sharewase.jp/


無限テニスボールについて

ラフィノ西山克久


ブラック部活について考える。中学に硬式テニス部を創る難しさ。

ほぼ毎晩聴いている大好きな番組、荻上チSession-22 |TBSラジオ

昨晩のメインセッションを非常に興味深く聴いた。

テーマは「ブラック過ぎる?学校の部活動、その問題点とは」

中学校に硬式テニス部を!

錦織圭のブームもあってそんな機運が高まっている(テニス界では)が、個人的には何か心に引っかかるものがあった。

この番組を聴いてその気掛かりが鮮明になった気がします。

硬式テニスだけにフォーカスする前に、日本の部活全体の状況を俯瞰した視座に立って考えられなければならないだろう。

番組内でも語られていたが、すでに日本の部活は規模が肥大化しており、顧問の先生の事実上タダ働きの上に成り立っているケースの割合も大きい。

この問題をクリアーにできないと新しく硬式テニス部を全国の中学校に‼️と叫んでも。

「本当の現場を知らんから言えるんだ」と叱られてしまいそうだ。

すでにジュニアトーナメントが数多く存在する日本で、中学部活テニスに固執する必要が本当にあるのか?

立場が違えば見える風景も違う。

一歩引いて考えてみる必要があると思いました。

番組はradikoで1週間限定で聞くことができます。

[radiko.jp]荻上チキ・Session-22 | TBSラジオ | 2016/12/20/火 | 22:00-23:55 http://radiko.jp/share/?t=20161220225020&sid=TBS

ラフィノ西山克久(船橋店)

LINEはじめてました!
ラフィノ船橋店をご利用される方限定でお友達になって下さい。

西山の接客予約やシューズ、インソールのフィッティング予約もLINEトークで可能です。

(例)
「○月○○日 ○時に西山店長にアシックスのシューズを選んでインソールもお願いしま~す。」って感じで。

ただ水曜の定休日と木曜日は西山が休みなので避けてくださいね。
友だち追加


写真の力凄いなっ!「テニスx家族」の可能性。

第11回目となる、《親子テニスフェスタ~絆~》の写真が公開されました。

その数約300枚!!
oyako201610
北沢カメラマンの心の動きが、見事に家族の幸せを捕らえています。

写真の力凄いなっ!

すべての写真はこちら
第11回親子テニスフォトライブラリー
http://event.lafino.co.jp/2016/10/29/oyako-tennis11/

「テニスx家族」

新しい価値観がテニスとスポーツのあり方を大きく変えるかもしれません。

企画運営スタッフ及川のブログも合わせて御覧ください。http://event.lafino.co.jp/2016/11/05/oyako-tennis11-2/

ラフィノ西山克久


シューズの選び方が人生を変える、が見える場所にて。

時々とある公園でコーヒーを飲んでから出勤します。

この公園では人生の先輩方がグランドゴルフをやっているので、観察させていただくのです。

観察してるのは、身体と足 そしてシューズ。

腰がほぼ直角に曲がっているおばあさんや、歩くのもおぼつかないおじいさん。

中には、シャキシャキと姿勢の良いおばあさんもいます。

前者のシューズに視線を落とすと、多くの人が近くにあるスーパーのワゴンセールで買ったであろう、身体のサイズにわりには巨大なサイズのシューズを履いている傾向にあり。

後者の人は、専門店で調べて購入したであろう良いウォーキングシューズを履いています。

「やっぱりシューズ選びで人生は変わるなぁ~」ってしみじみ。

ラフィノにも足腰が痛くて「テニスを続けたいならシューズを変えてください」と病院の先生に言われてアドバイスを求めにお越しになるシニアの方がいらっしゃいます。

大きいシューズが絶対良いという、固定観念があり自分の価値観を変えるのが難しい人が多く、納得いただけるように例え話を交えながら説明をします。

たとえば、「ご自身がスカイツリーだと思ってください、そのスカイツリーの土台のネジがユルユルだとしたら? そこに大きな地震がきたら?」

「足にあわない大きすぎるシューズを履くってことは、ネジが緩んだスカイツリーが動くみたいなもんですよ。」

上手くいけば 「それは怖いね!!!!」と理解をしていただけますが、やっぱりサイズを下げて履いていただくとあまりにも今までとフィーリングが違うので拒否反応を起こします。

私が「絶対あとで痛くなることはありません、保証します。」とお伝えしてもダメなときはダメです。

「あんたの言いたいことは理解できるが、サイズを小さくするなんて納得できない、もうどうせ先は長くないから今が良ければいいんだ。」

そうお叱りをいただいたこともあります。

今が良ければそれでイイと言われると返す言葉が見つけられません。。。。

結局、私が未熟。

私達のお客様を幸せにするには、知識や技術よりも、伝える力を養うことがもっと必要なんだと思いながら、今日もグランドゴルフを眺めていました。
img_2632

ただ、年をとればとるほど、頑固になり変わることが難しくなってくる、多分私もそうなる。

となると若い頃から正しい知識を伝えることが大切なんだと考えています。最近高校生の男の子が初めてラフィノでシューズを買い、薦めてはいないのにSUPERfeetのインソールも欲しいと言ってくれました。

ブログを読んでくださっていたみたいです。

インターネットで伝える力に壮大な可能性を感じています。

人生を最後まで豊かに過ごす為に、良いシューズ選びとスーパーフィートインソールはラフィノにお任せください。

私達も精進を続けて参ります。

西山克久。


早い者勝ちかも!?ワンストップなトレーナーをお探しのテニス選手やコーチの皆さんへ朗報。

人間って不思議。

閉店が20時、ガット張りマシーンを掃除したり苦手な片付けとかして、電車に乗り込むと、足が痛くて体が重苦しく、「あー疲れた」総武線快速のボックス席から車窓を眺めて独り言….

でも、ぼーっとしていると、突然仕事にアイデアが浮ぶことがあります。

一つのアイデアから妄想がどんどん広がり、言葉がどんどん飛び出してくるので、忘れない様にとポケットかiPhoneを取り出してメモ帳に書き書き。

そこ頃には別人、さっきまでの体のダルさは綺麗さっぱり消滅、その代りにワクワクの血が全身を駆け巡り、乗り換えの秋葉原駅のホームを歩く足はスキップするほど軽快に(笑)

「なにこの感覚?」
心が身体を軽くしてる。

こんな経験ありませんか?

心と身体は繋がっているのです。

心は身体を元気にすることができるし。
身体は心を元気にすることができる。

きっとそうです。

最近とても興味深い人の出会いがありました。

心と身体の両面に精通されているトレーナー小沼健太郎さん。
image

小沼さんは船橋整形外科病院、アスレッチクトレーニング部トレーナーとしてメンタルとフィジカルの両面をサポートできる貴重な人物です。

船橋整形外科といえば、オリンピック選手など多くのトップアスリートを復活を支えた超有名な病院なので千葉県でスポーツされている人にはおなじみですよね!

小沼さんはチョクチョク船橋店にご来店くださるので色々お話しをしているのですが、雰囲気はいたって普通なんです。

でも講演会を開くほどの先生だったりします。
12279133_1727529974134904_4469767167324145589_n

スペシャルなトレーナーだなぁ〜と思った理由は、アスリートへのメンタル的な導きと同時に、船橋整形外科のエビデンスをベースにした怪我の回復や、勝つためのトレーニング方法までワンストップで面倒をみてくれる高性能さ(すみません言い方が変で)

オールインワンのトレーナーをお探しのテニス選手やテニスコーチの方、興味がありましたらご紹介させていただきますのでラフィノ船橋店西山までメッセージください。

テニスへの取り組みは始めたばかりなんだそうなので、早い者勝ちかもしれませんよ(笑)

nishiyama@lafino.co.jp

最近出会いが多くて、つくづく「人に恵まれているなぁ〜」ってジンジンします。

ラフィノ西山克久。