ナイキ厚底シューズ禁止の可能性のニュースがどうにも腑に落ちない。

今日はセンセーショナルなニュースが駆け巡りましたね、

ナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」シリーズが、世界陸連の新規則によって禁止されることになると15日、複数の英メディアが報じる。

私は、逆の意味で驚きました、

そもそもミッドソールにカーボンを入れた時点で、規制のことは想定していた筈では?

だとしたら当初から陸連にはネゴシエーションして進めていた開発とマーケティングではなかったのか?

禁止になるかどうかは月末に決まるそうだ、もしもそうなるとしてヴェイパーフライで出した記録の扱いはどうなるのだろうか?

心配事はつきない、

でもやっぱ腑に落ちないなぁ、あれだけの会社がこうなることを予想してなかった筈は無いって考えてしまう、すべて含んでいまの状況なのでは????

意外と被害を被るのはナイキではなくて、フォームや走り方を変えてきた選手と、カーボンミッドソールありきで、開発を進めてきたライバル他社だったりして…

このニュースでアシックスの株価が上昇したらしいが、「なんでそうなるの?」僕には理解できないなぁ、株の世界って意外と単純なんですね、縁がないけど。

なーんて全部根拠の無い独り言なので、真に受けないでくださいね〜

今夜はこちらのシューズに、カスタムカーボンインソールを装備しました。

西山克久


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です