テニス選手と目」カテゴリーアーカイブ

凄いSmithのサングラス。

Smithのサングラスの評判が良くて嬉しい。

今日は、テニスには全くご縁のない若い男性が「良いサングラスを探している」とご来店。

珍しいご職業でした。

ダイヤモンドの鑑定士。

へぇー

高価買取お値段ずばり!みたいなお仕事ではなく、持ち込まれるダイヤモンドの真偽を見極め鑑定書を作る様なお仕事なんだそうだ。

「とにかく目が大切で、猛烈に疲労するので、日頃生活している中で目を労りたいと思って良いものを探しています。」

それならとSmithをオススメしました。

Smithが開発したレンズは、光のコントラストを最適化して目と脳にストレスを与えず景色や物体(ボール)を見せることができます。

明るい晴天や曇りなど天候に左右されずに、いつも違和感なく過ごすことができます。眩しくないけど暗すぎない。

お客様は、10分ほど外で試していましたが、戻ってきて象徴的な一言。

「このサングラス、度は入っていませんよね!?」

もちろん入っていませんが、そう思えるほど立体的にくっきり風景が見えたのでしょう。(私も毎日使いたくなるわけだ)

本当に良いサングラスをお探しならラフィノ船橋店でSmithをお試しください。

デザインもカッコイイモノが色々ございます。

西山克久


インドアテニスでサングラス。

お世話になっているインドアテニススクールの照明がLEDに変わりました。

とても明るいのですが、慣れるまで残像が残る感じもします。

光が尖っている感じ。

ふと思いました。

サングラスをしたらどうなるのだろう?

で今日試してみました。

驚きです!

使ったサングラスが凄かったってこともあります。

SMITH の最新モデル。

ちなみにスミスのサングラスはウルトラトレイルのレジェンドランナー鏑木毅さんが長年愛用しているアスリート専用の高級サングラスメーカーですが、西山も毎日使っていますので普通の人もオッケーです。

とりあえず、LEDの眩しさや残像残る問題は一瞬で解消されましたので、インドアテニスでサングラスはオススメです。

それよりもです。

レッスン中に裸眼とサングラスを比較しながらプレーしました。

圧倒的にサングラスを装着していた方がボールのあたりが気持ちイイ!
スピードもパワーもアップしている感があり、初めてスーパーフィートを入れた時の感動に似ていました。

特に違うのがサーブ。
後ろで見てくださっていた人から「凄いナイスサーブ」ってお声を頂戴するくらい。(初めてかも)

そういえばその一球はいつもある肩への違和感が無かったかもしれません。

これもやっぱり動体視力の変化なのでしょうか?

サングラスだったらどれでも良いのかは判りませんが、SMITHは私が出会ったサングラスの中で最高です。

SMITHのサングラスはテニスに最適
ラフィノ船橋店でお試しご相談ください。

もちろん外で使えば別世界、今日使った
CHROMAPOP Contrast Rose FlashやIgnitorというスミスを代表するクリアー系レンズは外でも中でも明け方でもご利用いただけます。

西山克久


相手のサーブ。本当に見えていますか?

有明コロシアム。楽天ジャパンオープンテニスの盛り上がりに後ろ髪を引かれながら。。。回れ右!
img_2646

逆の会場へ吸い込まれていきました。
img_2650

目的はiOFT国際メガネ展。
最新アイウェア・眼鏡関連製品などが世界中から一堂に出展する日本最大の国際商談展なのです。
img_2657


メガネ王国福井からあのノーズパッドのないサングラスエアフライが出展されていたのでご挨拶と最新情報を収集してまいりました。

img_2660

img_2661
エアフライを世界に広めているジゴスペックの吉村代表とラフィノ西山。

なんと来春、念願の一眼タイプが発売になるのです。
img_2659

一眼タイプのサングラスは視界がグーンと広くなります。視野の広さが大切なテニスにとってはとても有効です。ただどうしても安定感をキープするためにフレームが頑丈になり少し重くなると言われていますが、ノーズではなくサイドパッドでフィットさせるAirFlyですから重さは全く感じません。楽しみ 楽しみ。

帰り際あの有名なお土産いただきました。
メガネ堅パン!!!!
img_2685

堅かったっすけど、うまいうまい。

img_2694

会場を回りながら目のことメガネのこといろいろ学びました。フィジカルがよくても目が見えていないと結果を出すのは難しい。スポーツ選手は目を鍛える、疲労をさせない、目を紫外線やホコリ、熱から守るという意識が必要だと実感して参りました。

自分がどう見えているかは自分しかわかりません。

野球のピッチャーの画像ですが、相手がサーブを打ってくると思って下の画像をご覧ください。

あなたの目にはこんな風にみえていて、
img_2663

相手の目にはこんな風に見えているとしたら、結果の差は歴然。
img_2664

筋トレするように、目を鍛える時代が当たり前になるかもしれません。

西山克久