子供の足は意外と大きくなりません。

小学生の足のご相談で問題になるのはシューズのサイズです、

「子供の足はどんどん大きくなる」

それ 思い込みと、親の願望です。

大きすぎるシューズは足の変形、連動して姿勢の崩れの原因になりかねません

そのまま生活したりテニスすると、成長期の足関節は緩みやすく大きめのシューズに合わせて足は扁平足のまま中学生になり、部活を激しくする事によって、足や脚の痛みの原因になります、それが成長痛と言われる現象の一因(正体)でもあります、

私は、何百人もの子供達のシューズ選びに携わっていますが、「子供がキツイと言うので大きなサイズに買い替えたいのですが…」このパターンで足長を計測をすると50%以上の子供の足は全く大きくなっていません、

じゃあ靴がキツイと言う原因は?

1、ちゃんと締めていない、
2、シューズが劣化している、

この2つの理由で足が前にズレて狭い所で力んでいるので、つま先が詰まってきつく感じるだけです、

実祭計測すると「いまのサイズのままがベストです」とアドバイスする事も多いのです、

子供のシューズ交換時期は?

頻度によりますがシューズの寿命が半年〜一年です、それとキツイと言い出したタイミング、

その時必ずやってほしいのが、足の計測です、

最近の子供はクロックスなどのサンダル感覚に足が慣れて大きな靴を履きたがりますので、なんでも「きついぃ〜〜〜〜」とか言いますから信じてはいけません、サイズの判断は専門の人に任せてください、

もちろんモデル選びも重要です、

おすすめはアシックスジュニア用テニスシューズ、

GEL-RESOLUTION 8 GS


GEL-RESOLUTION 7 GS

スクスクで培った踵の倒れこみを防ぐ設計になっているのは流石!いつも転ぶお子さんも大丈夫になりますよ。

お子さんの足が心配でしたら、早め早めのスーパーフィートインソール導入もご検討ください、17センチ〜対応しています。


子供の足は意外と大きくなりません。」への1件のフィードバック

  1. 堀内勝夫

    明日23日にカスタムインソールをお願いできますか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です