ポリに行く前に張るナイロンガットとして最も使用率が高いのは?

全日本ジュニアなど、全国大会での活躍を目指してテニスに邁進しているジュニア選手達への、ガット張りやアドバイスをさせていただいています。

注意しているのは怪我をしないこと。

ある段階で急にガット切れが早くなってきたからと言って安易にポリに移行して後で苦労しないように、年齢や体格を考慮して段階的にガットの種類とテンションを変更をオススメします。

なんでもかんでもコーチに言う通りにってことじゃなくて、親御さんもお子さんご本人も、論理的に理解をした上で自分に落とし込んでからどうしたのか?考えて自身で決めて頂くことを大切にしています。

中学生がポリに行く前に張るナイロンガットとして最も使用率が高いのが、ゴーセンAKPROCX17です。

基本的にモノ系ナイロンに分類されますが、個人的にはモノでも無くマルチでも無く、コレはやっぱり海島型!(ウミシマ)

海島型はスウィングスピードが早ければ、マルチの様な粘りも感じることができるし、そうじゃない時は、弾いてスピード感も増す。

そのAKPROCX17にブラックスパイラルカラーが出たのは朗報!

かなり強そうに見えますよ(笑)

インプレ動画もご用意いたしました。
詳しい情報かこちらでどうぞ!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/gut-17/gd11730

西山克久


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です