駅に捨てられたトロフィー

朝から驚きのお問い合わせを頂戴しました。

「テニス大会の賞品で貰ったラケットバッグを言い値で買い取ってもらえないか?」

え⁉︎

最初は驚きましたが、同じ様な事を考えた事のある上級者は多いのでは?

お気持ちはわからないでも無い。

でもこっちは余りに悲しい話し。

「某大会で、最寄りの駅に準優勝トロフィーが捨ててあった…」

もう背筋が凍りましたけど、わからないでも無い。

二つのお話しには、日本のテニスの成長を妨げるであろう大問題が暗い雲の向こうに隠れている。そう思える人が我々の業界にどれだけいるだろうか?

突破すべき課題は
・対戦スポーツのジレンマ
・格差が生む深い谷
・競技者指向すぎるマーケティング

こんなとこかな?

まぁ全部逆さまにすれば結構うまくいくのですが、A型の人にB型を輸血する様なもんだから拒絶反応は強烈だろうけど。

がんばろーっと

西山克久


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です