「あの1球が入っていればテニス人生は違っていた」

25年ガットを張る仕事を続けていますが、

この仕事で一番難しいのは、同じガット 同じラケット おなじテンション設定で、常に同仕上がりにすることなんです、

100%再現性を維持できることが、優れた技術、それは経験のみで培われるものだと思います。

指先と脳の経験値が良いストリンガーを育ててくれます、常に考え感謝しながら、数を張るしかありません、日々修行!

極わずかのズレ、テンションでいうと1pとか2pが、実際の広大なテニスコート上では、ボール1個アウト ボール1個短い結果となって現れます、

これが勝負にかけているテニス選手にとっては、命取りになることもあると思ったら、手が震える思いです。

「あの1球が入っていれば、人生は違っていた」かもしれない。

もしも私の仕事が普通のサラリーマンで、仮に子供がプロのテニス選手を目指すよう状態なら、絶対父が自分で張ろうなんて思いません。

自分の小遣い減らしてでも、プロに任せます

1、安いガット張りマシーンを購入して父が張る
2、専門店で1週間に1本以上張る

断然1の方がコストは低いです、

ただ、テニスという特殊性の高いスポーツにとって、ガットにかけるコストと、テニスのパフォーマンスはトレードオフの関係にあります。

ネットで調べれば、誰でも素人なりにガットの張り方は検索できる時代だからこそ、テニスに人生をかけている人には、色々な考え方を持ち合わせていただきたいと思います。

最近は足やシューズやインソールのことばかり話しているので、そっちの専門化だと思われがちですが、

本職はストリンガーなので、忘れないでいただければ幸いです。
「ガット張りも上手なんですか?」って言われると少しショック(笑)

西山克久


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です