レザーグリップって本当にいいの?

ラケットのグリップをレザーに交換する人が増えています。
レザーグリップにする事で起こる現象は、打球感がクリアーになる、角が出る、少し重くなるので静止バランスがトップライトになる。

この現象がメリットなる人もいれば、そうでは無い人も入る。

ラケットがウッドだった時代、打球感は非常に柔らかく鈍かったと思う、その時代のフレームにはレザーグリップは無くてはならないマストアイテムだったろうなぁ〜想像します。

進化したカーボンで作られた現代のラケットは、非常に硬いからそもそも打球感はクリアー。硬さをグリップで出す必要が少なくなって、逆に緩和する為にシンセティックレザーが主流になったのだと思います。

「やっぱりレザーグリップが良いのですか?」とアドバイスを求められますが、それは人によります。

先日レザーに変えてみたプレーヤーが、「衝撃を感じて手首が不安だったので戻しました」そんなご意見を頂戴しました。

ネットなんかでは「レザーが良い」って言う方が、「シンセティックグリップの方が良い」っていうより面白味はありますけど、その『良い』は普遍的では無いので、自分が何を求めているかを問いかけて見て実行してみてはいかがでしょう?

でも経験することに無駄はありませんからチャレンジ推奨です。

テニスラケット用レザーグリップ一覧。
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/leather

西山克久


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です