ナチュラルガットと焼肉の変遷。

焼肉は牛だと知ったのは、中学生になってからでした、

で、それまではというと、すき焼きは、豚さんでしたし、焼肉は羊さんで、そういうもんだと。。。。

牛肉を知ってからは、ご無沙汰していましたが、最近では流行りなんですね〜

美食家アンダーウエアーブランドOさんにお誘いいただき、羊のお肉を食してまいりました、

『羊のロッジ』さん  可愛い〜〜

あっさりしているのに、コクもある、びっくりなのは食べても食べもお腹がいっぱいになりません、ヘルシーで美味しい!画期的なお肉だったんですね、

それにスタッフの方がとても詳しく説明してくださって、学ぶと美味しさましまし、

僕が、新潟の山奥で羊の焼肉を食べていた頃のテニスプレーヤーは、「羊の腸で作ったシープガットでプレーしてたんだなぁ〜」なんて不思議な縁を感じならが、

「生ラムウデロースをおかわり〜」

いまでは牛肉食べて、ナチュラルガットも牛の腸、これまた不思議な感じ。

なぜ我々はナチュラルガットに惹かれ続けるのか?
伝説の動画で学びましょう。

西山克久


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です