テニスで膝を壊す原因は。

パワーポジションと言われている姿勢。

これは、何かのスパルタか?

踵をあげて、母指球に力を入れる。

必ず膝が内旋します。

副産物で全身に力みも生みますので、それが目的なら正解ではありますが、普通の身体はもたない。

テニスで膝を壊す原因は、ほぼこれ。

足首から下に問題があり、X脚なんかもこの運動が連続する代償です。

身体の自然な摂理を無視した。教師信号によって大きな手術を余儀なくされているプレーヤーは、まだまだ多い。

スーパーフィートで、大きな改善が見込めるのは確か。

しかしインプットされた不自然な運動が続く限り、マイナスをプラマイナスゼロにしかできない。

大切なことは、道具に過剰な期待を寄せることじゃない。

思考を変える。習慣を変える。

だから、丁寧に対話を大切にします。

西山克久


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です