4Eシューズ依存からの脱却。

初めてのお客様。

立つのも、座るのも、支えがないとおぼつかない状態の女性でした。

いつ転んでもおかしくない様な歩き方。

「テニスシューズ」が欲しいとおっしゃるが、テニスができるのか?疑問を持つほどの危うさ。

足は原型をとどめないほど変形、腰も手術したそうだ。

それでもテニスがしたい。

4Eでサイズが大きな靴を、勧められるまま長年購入していたそうだ。

それが諸悪の根源、大きすぎるシューズは百害あって一利なしです。

「怖いでしょうけど、シューズを小さくしましょう」

混乱するのもわかるが、私を信じていただくしかない。

シューズを小さくして、スーパーフィートを入れた。

「立ってみましょう」

スッと立ち上がる。

「歩いてみましょう」

スタスタ歩く。

お店に入ってこられた時とは、別人でした。

とても‪嬉しいそう。

‪これだから足の仕事はやめられない‬。

西山克久。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です