シューズのかかとが破れる人の対処法。

お客様にご協力いただいて画像を提供いただきました。

シューズの踵がこんな風になる人ですか?

ほっておくとやっかいなことになるので、ちゃんと改善しましょう。

「やっかい?」

シューズのかかとが破れるってことは、常に踵骨が動いている証拠です。

テニス中の踵骨の過剰な動きが扁平足や外反母趾や足底筋膜炎の原因に、そこに体重が増加や筋力低下や過度な練習などが重なるとひざ痛や腰痛に発展してしまいます。

大人だと冷え性や肩こりにも悩んでいる人が多いはず。

足の骨は複雑でたくさん組み合わさっているので運動の仕方次第であっという間に骨どうしの結びつきが崩れます。足にも身体にも影響を及ぼします。

原因その1 踵骨が人より小さい

原因その2 サイズやシューズの選び方が間違っている。デザインだけで選んでいる。

原因その3 シューレース(靴紐)の正しい締め方を知らない。

原因その4楽だから幅広シューズが好き。

これらに対処していけば良いので簡単ですが、人間って頑固でいままでの生活習慣に縛られて生きているから、自発的に変わるのは結構大変なので知識のある第三者に指摘してもらうのが一番です。

シューズのチューンナップがお勧め。

専門家にシューズを選んでもらい、踵骨を安定させる機能のあるインソールSUPERfeetに交換し、紐をパワーホールドシューレースに交換。

あと私が正しい履き方を伝授させていただきます。

これで完璧になります。

SUPERfeetのフィッティングは、ラフィノで購入していないシューズでも承りますので、遠慮なくご持参ください、ただ「このシューズがダメ」って私も遠慮なく言う時がありますので、気にしないでムカついてください。

西山克久


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です