シューズのテンションを下げる。

テニスシューズのメンテナンスを気にしている人は少ないと思われます。

ランニングする人は結構気にしている様で、同じシューズを複数持って休ませながらトレーニングする人も普通にいます。

シューズを休ませる発想がテニス選手には定着してません。

そもそも寿命はアウトソールのすり減りを基準にするのではなく、ヒールカウンター(踵)部分の広がりすぎと、アッパー素材が柔らかくなる劣化現象。

全ての動きにズレが生じ、結果的にバランスを保つ為に筋力、エネルギーを過剰に消費し疲れの蓄積が怪我にも直結します。

いかに長持ちさせるか?

シューズにかかるテンションを下げるのです!

シューズのテンションを下げるとは、脱いだら全体的に紐を緩めるだけです。

それによりシューズのアッパーにかかるテンションが緩み、劣化するスピードを緩めてくれます。

(インソールを抜いて乾燥させるのも重要です。)

え?まさか紐を結んだまま脱ぎ履きしてませんよね〜

こっそりやめてください。

シューズが長持ちすれば、体も長持ち。

地道ですが良い習慣の成果は絶大ですよ。

西山克久。

画像のシューズ
アシックス(asics) テニスシューズ レディゲルレゾリューション7(LADY GEL-RESOLUTION 7) TLL785-0140
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/shw-11/gd10342


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です