スーパーフィートインソールの寿命。

よく質問を頂戴するスーパーフィートインソールの寿命。

あくまで良好を持続すという視点でお話しますね。

もともとシューズにデフォルトで入っているインソールが0%として、スーパーフィート入れた状態を100%と定義。そこからテニスで使って一年くらいすると大体50%程度まで低下するイメージです。

これには個人差があります、毎日テニスをする人や体重が重い人や脚力が強い人は加重が強くなるのでそれだけ寿命も早くなります。足の状態が悪い人も早めの交換がおススメなので半年程度で交換される人もいらっしゃいます。

市民大会に備えてと8か月程度使用で交換に見えたS様。

タイプは全く同じですが、新品をシューズに入れてみると

「うわっ全然違う 全然違う!!!」
「めちゃ背が高くなった」

あくまで個人の感覚ですが、どえらく感動。

自信をもって市民大会に挑めると意気揚々でございました。

スーパーフィートは硬いスタビライザーで諸悪の根源でもある足の過剰なねじれ(オーバープロネーション)をコントロールして足のアーチを維持し体が求める運動へと導く機能を持っています。

テニスで1年ほど使うと、スタビライザーが柔らかくなってしまい踵の関節の位置を正確にコントロールできなくなります。

例えると大きな地震で地盤が液状化してしまったイメージ

手でも判るほど捻れが顕著ですから、重~い体重がかかればそれまもうグニャグニャです。

買い替え時はパワーテストでも検証できますので、大事な試合などございましたらお気軽にご相談ください。

西山克久


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です